ボム君.com

社会人なら知るべき政治や経済に関する用語

 

 社会人なら知っておくべき、政治や経済に関する用語を勉強したので、

 ブログでアウトップトします。勉強道具にもなって一石二鳥ですね。

 

 なぜ社会人が法律や経済に関する基礎用語を知る必要性があるのか、

 前々から話題のブラック企業で残業時間に残業代が出ないなどは

 これは違法性がありますよ。知ってて当たり前かもしれませんが、

 知らない人が存在するのも事実。

 

 因みに自分は最近まで知りませんでした(笑)。

 

 労働基準法

 労働者を悪質な雇用・業務から守る為に1947年に制定された物です。

 最低基準の労働条件(賃金や労働時間)を定めています。

 

労働者派遣法

 派遣された人の雇用条件を整備、派遣期間や拡大の上限を変更している。

 

 会社法

 会社の設立や管理、運営に関する事が定められている。

 年々改定されており今では会社の資本金が1円でもあれば

 作ることが可能になった。

 

個人情報保護法

 個人を特定できるような情報の取り扱いを定めたもの。

 最近はマイナンバーも導入されたため一層の注意が必要。 

 補足ですが自撮り(じどり)の画像の背景等でも

 グーグル画像検索などで分かってしまう事もある。

 

 男女雇用形態均等法

職場で男女の差別を無くすもの募集人数・給料・時間など。

最近では女性の働き易さを追求する会社もあり育児休暇

などを貰える事増えてきた。

 

製造物責任法(PL法)

 ECサイトやリアル店舗などで購入した商品が欠陥・破損等して

 身体・財産・生命に受けた場合に製造者が賠償責任を負う。

 

独占禁止法

 資本主義の市場において優良企業が独占する事なく、

 公平な競争状態を維持する為の法律。

 

 一部の優良企業や事業者が市場を独占せず、他の会社も参加できるようにして

 よりよい商品開発やサービス・質・値段を生み出す。

 

会社更生法

 経営状況が悪くても再建できる可能性があるなら破産手続きをせずに、

事業の更正を目的とした法律。

広告を非表示にする