ボム君.com

マツコが他の芸人と違う訳とは?自分なりに考えてみた。

 

        f:id:akihisa324:20170507190558j:plain

 

 書評メモ

 

 

なぜ、マツコ・デラックスは言いたい放題でも人に好かれるのか?

 著:内藤誼人さん

 

 マツコデラックスさんを分析をした本

毒舌を吐きながらも、会う人全員をファンにする心理テクニック

 

    が今回書こうと思ったテーマの「差別化とコンセプト、一貫性

 の重要性について書くのに丁度良かったので交えて書きますね~。

 

 本の内容の項目※以下アマゾンから引用

 多数のベストセラーを持つ人気心理学者による書き下ろし最新刊。
芸能界で大成功しているマツコ・デラックスを例に挙げ、勝ち残るための立ち回り術、思い通りに人を動かすテクニック、心をつかむ「話し方」、「ホメ方」のパワープレイ、他人から一目おかれる心理技術、「大物」に見せる処世術など、仕事や恋愛、対人関係等の場でバリバリ活用できるマル秘テクニックを大紹介する一冊です!
八面六臂の大活躍を続けるマツコ・デラックスの「人心掌握術」に学べ!

マツコ・デラックスの武器は、そのままビジネスマンが身につけたい要素ばかり!
◎少しくらい嫌われても大丈夫、と考える
◎自分自身を徹底的に「ネタ」にする
◎敵を作らないために、あえて「笑われる存在」になる
◎自慢話ではなく、失敗談を話題にする
◎「ありがとう」を口グセにする

 

差別化の意味を解くと重要性が理解できる。

 人間に対して効果的な心理テクニックが世の中には存在します。

 心理学といったらメンタリストDAIGOさんと自分は連想しますね。

 ダイゴさんは様々な本を読み人間について勉強しているので、

 メンタリズムと言う名の心理テクニックを駆使してあたかも

 魔法を使ってるかのような芸を披露することができます。

 

 差別化の定義※以下引用

差別化戦略(さべつかせんりゃく)とは、マイケル・ポーターによって提唱された競争戦略のうちの一つで、特定商品(製品やサービスを含む)における市場を同質とみなし、競合他社の商品と比較して機能やサービス面において差異を設けることで、競争上の優位性を得ようとすることである

wikipedia参照

 

 彼と私達の一番の違いは知識量です。

 今回の内容の1つ知識量も要は知ってるか・知らないかです。

 

 では話がずれたので本題へと。

 

マツコが他の芸人と違うのはなぜ?

 

 この内容を書くにあたり、情報を得る為他のサイトを見て回って

 来たのですが、マツコが人気名1つの要因に「共感」をしない。

 

 相手の意見を鵜呑みにしないで、自分の意見を織り交ぜ考える。

 

 そして、言いたい事は言うけども「相手を傷つけない」

 笑顔にさせられる言葉が魅力である。

 

 後、giveの精神。

 マツコの番組で誰かに物をおごったり、

 知ったほうがいいことは皆に公言したりと

 有益な事をgiveする精神がついている。

 

 共感しない事で相手は惨めにならないし、マツコは相手が

 意見を聞いてきた時に紳士になって応える。

 

 誠実な人柄なんだけど、口から出る言葉は毒舌じみてるが、

 同感することで相手に寄り添う、愛情がある。

 

 数々のブログやサイトでマツコが人気な理由はあれこれと、

 言われてますが一番はやるべき事と役割、適切な受け応えと

 自分の感情をストレートに伝えられる言い方。

 自分の立場(ポジショニング)と喋り方・身振り・表情・考え方

 が彼女の人気を形成してると推測される。

 

 一重にコレとコレかなー、とは言えないのが人間の魅力でもある。

 うーむ難しい。。。

 

 マツコに対する差別化とは類を見ない容姿と表情

 声のトーンの大きさと声量、単に相手の意見を毒舌で

 返すのではなく言いたい事は言っても相手は傷つけず

 笑顔にさせるのがマツコが芸能界で行っている自分 

 への他の芸人との差別化でありブランディングに。

 

コンセプトを明確にしないとカオスになる。

 

 このマツコについて分析した本は手段がマツコで目的が

 只の自己啓発本の内容なので、この本を見たときに

 マツコはこうやって差別化してブランディングしてるんだなー、

 とビジネスの勉強になるかと思ったがマツコの言葉に少し

 強引に作者のマツコへのイメージをマツコの言葉を無理やり

 引用してる感じらしいです。

 

 読み手が本のタイトルを見て、この本の内容はマツコが

 どのように自分を売りに出してるかの内容を分析した

 本だと思うはずだが、実際思ったのと違った。

 思ったのと違うと思われると売れなくなる。

 

 コンセプトを明確にしたタイトルを付けて、

 読み手がこの本にはこんなことが書いてあるんだろう

 と思うような事を書くことでタイトルに一貫性が出て

 読み手も満足できる。

 

 ではこの一貫性とは何か?

 

マツコのぶれないキャラは一貫性を保っている。

 自分の考えを書く前に一貫性の概要について引用します。

 

 以下引用(wikipedia)

人は自身の行動、発言、態度、信念などに対して一貫したものとしたいという心理が働く。この心理を「一貫性の原理」と呼ぶ。この心理の根底には、一貫性を保つことは社会生活において他者から高い評価を受けるという考え、複雑な要因の絡み合った社会生活での将来的な行動決定においてより簡易に行動を決定することができるなどの要因があるといわれる。

  

     人間には一貫性を保った行動をしたいという心理効果が働く。

  例に出すと、

  スーパーである試食とは積極的に試食・購買を促し試食をした

  人は自分の行動を一貫したいと心理効果が働き購入をするケース

  です。

 

  私たちが持つマツコへのこうであってほしい一貫した姿と発言内容を

  マツコはそれをきちんと自分の立場を理解した上でテレビに

  出演して私達の望む姿を見せてくれる。

 

  コレもマツコが人気名要因である。

 

感想

  マーケティングって物を売るときにしか使えないと変な偏見を

  持っていたけど、マツコさんの場合みたいに自分をプロデュース

  する為にも使える。有象無象が多い現代で自分がどうやったら

  輝ける事ができるのかそれに気がついた自分がいたから

  きっとこのブログを始めたのだろう。

 

広告を非表示にする